筆文字の仕事と日常
by kaki-tagari
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日々
筆仕事
展示
教室
メディア
お出掛け
思うこと
ホームページ
フォロー中のブログ
最新のコメント
keicoさん、コメント..
by kaki-tagari at 18:00
ごく最近、スタイルハグさ..
by Keico at 11:39
もっちろん覚えていますと..
by kaki-tagari at 21:00
わ、覚えていてくださった..
by holy_deracine at 11:41
ホーリーさんコメントあり..
by kaki-tagari at 23:47
弟さんの店で一度ご挨拶さ..
by ホーリー at 18:50
こちらこそ気付くのが遅れ..
by 苺 at 06:48
美奈子さん こちらにコ..
by kaki-tagari at 20:24
こちらではお初です(≧∇..
by narinya at 21:25
コメントに気付くのが遅く..
by kaki-tagari at 21:28
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅をする
d0114224_18264748.jpg
先日友人に会いに鳥取へ行ってきた。観光地や行ってみたかったところへ
車で移動しながら会話を重ねることがメインの濃密な2日間だった。
彼女にもワタシにも必要な時間だったと思う。

3月にワタシ自身の中にずっと濃霧のようにかかっていた霧が晴れて
仕事の忙しさから少し解放された5月と6月はインプットの時間として過ごし、
さらに色々なことが晴れて行った。澄み切って晴れ渡る、と言うような感じ。
今までの人生で初めての感覚で、もうやる気しかない(笑)

「幸せ」と言うことを重く重く考えて求めていたことがワタシの弱点と言うか
生きにくさだった。「幸せと思おう!」とか「多くを求めるのをやめよう!」とか
「人と比べない!」とか思い込ませてそうやって生きてきたのだけど
それがすっきりと解消されてしまい現時点でもうはっきりと
「幸せ」だと思えるようになった。
自分自身が置かれている自由度がハンパない状況とか
こんがらがったことが何もないシンプルさとか。
何も持ってないことがコンプレックスだったけど、それが幸せなんだと
この年齢でやっと思えるようになった。
好きなことを仕事にできているという要素はとても大きいのだけど
気付けば周りに言葉を無理なく重ねることのできる友人が数人いること。
もうそれで充分だと言える。

「明るくて面白い」と言う印象を良くもたれるけれど自分ではネクラだと
思っていた(スミマセン)でも生い立ちがそう思わせていただけで
ワタシは完全なるネアカ人間であると言うことに気付いた(笑)
とにかく笑うことが好きだしずっと笑っていたい。
笑えることばっかり日常でも考えている。それは子供のころからずっと。
弟も同じだ。

周りの大切な友人たちも数人同じタイミングで次の段階に向かっていて
先日弟と話してたら弟も満を持したようなタイミングの中にいた。
ワタシはやっぱり自分と闘っている人が好きだ。
ちゃんと苦しみを超えてきている人が好きだ。
そうやって自分自身でちゃんとけじめをつけて行かなければ
自分で自分を満たすことってなかなかできない。
そういう人たちとこの先一緒に笑い合えるような時間をたくさん持てれば
本当に幸せだ。

2017年の上半期は、生活環境が何一つ変わらないまま
人生観だけが劇的に変わった。
あまりにもの清々しさに友人が「更年期のそう状態」と疑ってきたほどで
一瞬自分でも「そうなのかな?」とも思ったけど多分大丈夫です(笑)

鳥取の旅は上半期の集大成的な旅になりました。
そして楽しみでしかない残りの人生を、旅する準備が整ったような気がします。
もちろんこの先まだ大変なこともあるだろうけど、
それはそのたびに今まで通り乗り越えたいと思う。
最後に笑えればオールOKです^^


[PR]
by kaki-tagari | 2017-06-16 20:09 | 思うこと
山根酒造場「くろぼく 強力」 >>