筆文字の仕事と日常
by kaki-tagari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
日々
筆仕事
展示
教室
メディア
お出掛け
思うこと
ホームページ
フォロー中のブログ
最新のコメント
keicoさん、コメント..
by kaki-tagari at 18:00
ごく最近、スタイルハグさ..
by Keico at 11:39
もっちろん覚えていますと..
by kaki-tagari at 21:00
わ、覚えていてくださった..
by holy_deracine at 11:41
ホーリーさんコメントあり..
by kaki-tagari at 23:47
弟さんの店で一度ご挨拶さ..
by ホーリー at 18:50
こちらこそ気付くのが遅れ..
by 苺 at 06:48
美奈子さん こちらにコ..
by kaki-tagari at 20:24
こちらではお初です(≧∇..
by narinya at 21:25
コメントに気付くのが遅く..
by kaki-tagari at 21:28
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:展示( 23 )
個展「鳥の足音」
d0114224_1750336.jpg

展示のお知らせです

国分佳代 書展「鳥の足音」
11月12日(土)~18日(金)
12:00~19:00(最終日は18:00まで)
mist∞ミスト @mistotokyo
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20藤野ビル3F

タイトルは来年(酉年)を迎える足音。。。と言う意味合いです。
作品100点超えそうですが50点近くが「鳥」です。
制作とても楽しかった!ミストさんの空間に
🐦いっぱい飛ばします。カレンダー「花鳥綴り」の
販売もいたします。お時間ございましたらお運びいただけると
嬉しいです。DM ご入り用の方はお気軽にご連絡下さい。


そして「書を彩る道具たち」と題し様々な素材の作り手の皆さんに
書道具を作って頂き展示販売致します。
書に絶対的に不可欠な文房四宝(筆・墨・硯・紙)以外の道具は
自分が気に入っているものを使いたいなと常々思っていました。
ですが書道具屋さんに欲しいものが売ってないので買ったことが
ほぼほぼないのです。文鎮や水滴など気に入った道具があったら
書に向かう時間も楽しいだろうな。書道を趣味にしている人は
結構多いです。趣味の時間が道具でもっと楽しくなるはず✨
ということを6月の2人展で波多野さんが文鎮と筆置きを
作ってくれたことで気が付きました👀
こんな主旨をちゃんと作家の皆さんに説明できたか不安ですが
15人の作家の皆さんに書道具を作って頂きました。
皆さんお忙しいのでお一人お一人の個数は少ないですが
素敵な道具にきっと出逢えます🎵どうぞお楽しみに✨
(恐らく一番楽しみにしているのはワタシっぽい)
あらためましてご参加くださる作り手の皆様に心より感謝
申し上げます。多忙の中ワタシのわがままな企画に
お付き合い下さいまして本当にありがとうございました!!!!!

大野七実さん@leda773 加藤かずみさん@buttercup_k
清岡幸道さん@kodokiyo 佐々木ひとみさん@sasakihitomi_jewelry
菅原博之さん@sugawara__hiroyuki 曽田伸子さん@sunocoglass
大護慎太郎さん@ateliercoin 岳中爽果さん @sayatakenaka
寺村光輔さん@kousuke.teramura 戸田晶子さん @tokkokissa
中園晋作さん 新田佳子さん@yoshikonitta
波多野裕子さん@hiroko_hatano 羽生直記さん
松塚裕子さん@shimi_matsu
[PR]
by kaki-tagari | 2016-11-09 17:50 | 展示 | Comments(0)
二人展「雨十色」終了しました
波多野裕子さんとの二人展「雨十色」終了いたしました。
たくさんの方にお会いでき本当に楽しい六日間でした!
今回波多野さんのお客様、彗星菓子手製所さんのお客様の中に
ワタシの書にも興味を持って下さる方が多かったことがとても
嬉しかったです!
ワタシの書を「書」として観て下さる方、「アート」として
観て下さる方、あとは毎回来てくださる方の中に、ワタシの選ぶ「言葉」に会いに来て下さる方が増えたように感じとても心が
踊りました。これは展示を重ね自分なりにコツコツと作り上げた
ものだと自負しています。難しく捉えられがちな書の敷居を
良い意味で低くすること、いつも考えています
国分佳代の書の見方、どんな見方でも嬉しいです!

波多野さんと会期六日間喋りっぱなし笑いっぱなし、面白すぎて
何回涙が出たか分かりませんがこの人は国宝級のお人柄だと
もう長いお付き合いですがあらためて思いました!
教わることもとても多く実は感謝しかありません‼
彗星菓子手製所さんとは展示でご一緒するのは二回目ですが
毎回その感性に驚かされ刺激を受けます‼お菓子でこんなにも
たくさんの人を感動させるって本当に凄い‼
3人で何度も打ち合わせを重ね本当に良い展示になったと
思います。お二人とご一緒できて幸せでした(^○^)

お運び下さった皆さま、気に掛けて下さった皆さま、無垢里の
スタッフの皆さま本当にありがとうございました‼
ワタシも次に向けてまた頑張ります。
d0114224_20563447.jpg

d0114224_20565163.jpg
d0114224_2058373.jpg

d0114224_20574016.jpg

[PR]
by kaki-tagari | 2016-07-08 20:58 | 展示 | Comments(0)
二人展「雨十色」
d0114224_21292854.jpg

<展示のお知らせ>
二人展「雨十色 あめといろ」
波多野裕子(硝子)国分佳代(書)
6月17日(金)~22日(水)
11:00~19:00(初日13時から・最終日17時まで)
代官山・無垢里 
渋谷区猿楽町20-4
03-5458-6991(木曜定休日)

●彗星菓子手製所「雨」をテーマにした3種の和菓子コース
6月18日(土)19日(日)
11時半~・13時半~・15時半~・17時半~(予約制)
1800円
※ご予約は5月28日(土)12時より無垢里にてお電話で承ります
メール・ファックスでのご予約はお受けできません→全回満席となりました

硝子作家の波多野裕子さんと二人展です。出逢った頃から何かと
ずっと仲良しですが一緒に展示することができてホントに嬉しいです。
ワタシは波多野さんのパートドヴェールと言う凄まじい工程を
経て作られた美しい硝子作品のファンでもあります。
週末に和菓子で参加下さる彗星菓子手製所さんは去年のみずのそらでの
展示に続きご一緒するのは2回目!想像力から生まれる和菓子。
いつも感動ものの美しさです!
先日ある方から「佳代さんの書のどこに惹かれるのかずっと考えていたのだけど
答えがやっと見つかったんです。全ての線に誠実さを感じるんですよね」
と言っていただきそれはもう嬉しくて涙をこぼしました(T_T)
またそんな風に感じていただけるような作品を持って行きたい。
お二人に並べる「美しい」作品をワタシも!
東京では今年初めての展示になりますので是非いらして下さいませ!!
[PR]
by kaki-tagari | 2016-05-28 21:29 | 展示 | Comments(0)
個展 国分佳代 禅語を書く「咄々々 とつとつとつ」
d0114224_1246541.jpg

展示のお知らせ
国分佳代 禅語を書く「咄々々 とつとつとつ」
1月9日(土)~24日(日)
11時~18時 水曜日定休
ガレリアポンテ
石川県金沢市野町1-1-44宮本ビル1F
在廊日9日・10日・11日

ギャラリートーク
「鈴木大拙の書」猪谷聡さん(鈴木大拙館 学芸員)
1月10日(日)1時~1時半 無料
ワークショップ
「円相を書く」
1月11日(月・祝)10時~11時 3500円 ※満席になりました

地元金沢で約2年半振りの個展です。
前回と違った作品お見せできる予定です。
個人的にはギャラリートークをお聴きするのが楽しみです!
お正月返上で制作頑張っておりますので
お運び頂けると嬉しいです(*^^*)
何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kaki-tagari | 2016-01-05 12:46 | 展示 | Comments(0)
二人展「春華秋実」終了しました
d0114224_2102785.jpg

吉祥寺・mist∞さんでの清岡幸道さんとの二人展「春華秋実」30日に7日間の会期を終えました。
心の中に想いがいっぱい詰まり過ぎて、言葉にするのも勿体ないくらいな余韻の中にいます。

この展示が決まってからワタシは清岡さんの器に並ぶ作品を作らなければと
ずっと思っていました。
清岡さんはもっと先の展示の流れや調和みたいなものをずっと考えてくれていたようです。
ワタシだけでなく清岡さんが結構なプレッシャーの中でこの展示に向かっていたこと終わってから知りました。


初日から清岡さんの器が飛ぶように無くなって行き
4日目辺りからパッと見ても品薄なのが分かる状態になっていました。
「さすがに寂しいよね。明日から常設の器出そうかな・・・」と帰り際に小堀さんが
つぶやいていたのだけど、最終日にmist∞に行ったら、さらに品薄が進んだままの空間がありました。
「清岡さんと佳代ちゃんの二人展だから、やっぱり他のもの置くのやめたよ。
清岡さんの器は少なくても1つ1つに存在感あるし、佳代ちゃんの書があるから
空間に違和感感じないし最後まで二人の作品だけで行くことにした」と・・・
この小堀さんの一言は今思い出しても泣きそうになる。
実際清岡さんの器は品薄になった中でもお客様がちゃんと選んで行ってくださるのです。
清岡さんの作品の実力を見せてもらえた気がしました。
そしてこんなにちゃんと作品のこと理解してくれる人の下で展示ができたことが幸せだなと。
初日、2日目、3日目、、、、、7日目
毎日表情が変わって行くmist∞の空間が本当に愛おしかったです。


展示と言うのモノはお客様がいて初めて成り立つものだから
何かを感じてもらわなければといつも思います。
誰かの生活や心を豊かにするためのものをワタシ達は作っていて
それを伝えるお店があって、受けてくれるお客様がいて
お客様の喜ぶ顔や声を見たり聞いたりして
その心の豊かさはまたワタシ達に戻ってくる。
豊かさが循環して行くってすごいことだなぁって思うのです。
良いものは伝わるし想いを込めた展示はちゃんと伝わります。
今回この展示でそれをダイレクトに感じました。

搬入の日に清岡さんと小堀さんが「父親」であるという共通点から一気に距離が縮まって、
そんなところからこの展示がとても温かなものになって行ったような気がします。
このお二人の一番の肩書きは「お父さん」なんじゃないだろうか^^
ひとつ年上の二人にこんなこと言ったらぶっ叩かれるかもしれないけど
ワタシは7日間二人の娘のような感覚で心地よく過ごしました。
清岡さんは信楽に戻ってからも気にかけてくれてるのが分かったし
小堀さんは在廊のたびに作品のことを褒めてくれてた。
喜怒哀楽の分かりやすいワタシの初日の様子を見て心配してくれたんだろうなぁ(笑)
ワタシはこの二人のお父さんが大好きです^^

清岡さんとは2011年の工房からの風の同期出展者として知り合い
恐らく一番色んなことを語り合って仲良くなった人です。
一緒に仕事をすることになるとは思っていなかったけど
今回清岡さんの仕事への想いなども色々聞けて
清岡さんと言う人をまた深く知ることができました。
そして清岡さんの作るものは清岡さんそのものだなぁと。。。
自分の作品との共通点も発見できましたがこれはこっそりとしておきます^^


少し前に清岡さんがワタシの色々なことを全部知った上で
「そんな佳代ちゃんがこの仕事をしていることがただただすごいなぁと思う」
と言ってくれたことがあったのだけど、最終日に小堀さんが同じことを言ってくれた。
こんな風に見てくれてる人がいることが宝だと思った。
ワタシ自身書家である自分のことを未だに信じられない時がある。
でもワタシが書家であることに意味はあるのだと思う。
それを信じてこれからも頑張って行きたい。
そんなことをあらためて思えた奇跡の二人展でした^^
相変わらず暑苦しくてゴメンナサイ(笑)


清岡さん、一緒に展示出来て本当に嬉しかったです!
小堀さん、この二人展を企画してくださって本当にありがとうございました!
そしてお運び下さった皆様、気にかけて下さった皆様に心より御礼申し上げます^^


※自分で撮った写真がイマイチでしたので小堀さんが毎日アップしてくれてた
写真をお借りしました。
d0114224_212453.jpg

d0114224_213317.jpg

d0114224_2132688.jpg

d0114224_2141470.jpg
d0114224_2143914.jpg
d0114224_2151245.jpg
d0114224_2161195.jpg
d0114224_2193061.jpg

[PR]
by kaki-tagari | 2015-11-05 21:18 | 展示 | Comments(0)
二人展「春華秋実」
d0114224_21322346.jpg

清岡幸道(陶)・国分佳代(書)
「春華秋実」(しゅんかしゅうじつ)

吉祥寺・mist∞
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20藤野ビル3F
10月24日(土)~30日(金)
12:00~20:00(最終日は18:00まで)
http://www.misto.jp


陶芸家の清岡幸道さんとの二人展です。
清岡さんの器は静かで奥深いなぁと思うのです。
私の書もそうありたいなぁといつも思っています。
今回はいつもより少し男前寄りな作品を
制作しました。

タイトルの「春華秋実」は春に咲いた花が秋に実を付ける
という自然の現象を、開いたものが日々の積み重ねのもとに
実を結ぶのだという意味に置き換えています。
勉学も芸術もスポーツも仕事もこの繰り返しの中にあります。
作品の中に今の実のようなものを見つけていただけると嬉しいです。
[PR]
by kaki-tagari | 2015-10-07 21:33 | 展示 | Comments(0)
二人展「淡墨色の領域」を終えて
d0114224_17592557.jpg

ガラスの新田佳子さんとの2人展「淡墨色の領域」が21日に終了いたしました。

展示前に色々と綴りたい想いがあったのですが毎度のギリギリガールズ^^;
余裕が全くないままに展示に突入してしまいました。

ずっと憧れていた「ギャラリーみずのそら」で初めて展示をすることができました。
1年くらい前にギャラリーオーナーの小峰恵子さんが、みずのそらでは3回目となる
新田さんの展示のことを考えていて、新田さんのガラスの模様の影が「うすずみ」っぽく
見えることから「うすずみいろのりょういき」というタイトル名が浮かび、
その後に「うすずみ」と言えば・・・とずっと展示をやらせて欲しいとお願いしていた
ワタシのことを思い出してくれて、この2人展を企画してくださいました。

1回目の打ち合わせは去年の9月に、2回目は今年の5月5日だったのですが
その翌日に小峰さんが急逝されました。
正確にいえばワタシがみずのそらを出てから数時間後のことだったそうです。
引っ越し真っ只中でちょっと疲労気味のワタシに
「顔がホントに疲れてる感じだから身体気をつけなさいね。いい展示にしようね。
展示の日までちょっと不安だからそれまでに何回か顔出してね」って
最後の会話はそんな感じだったと思う。

大阪にいるよっちゃんと(新田さん)最初は泣きながら電話で話して
一瞬中止になりかけた展示をやっぱりやろうと決め、
「不安だ不安だ」と言っていたところから
途中で「頑張ろう頑張ろう」に。
7月に入ってからは「楽しみ楽しみ」と言うふうに
掛け声が変わって行きました。

搬入の日は先に来ていたよっちゃんが「ママ(小峰さん)がおらへん」と
泣きながらモップをかけていて、そこでまた二人で大泣きするところから・・・
みずのそらに馴染みの作り手の友人達が手伝ってくれて12時間かけてレイアウトしました。

今回小峰さんに「色の和紙を使わないで」というお題をいただいていて
それは「文字で勝負するっていうこと?」と自分の中で答えが出ました。
まぁまぁ大きなチャレンジでした。

タイミング的に自分の生活環境が変わって、日々自分と向き合うみたいな作業を
していました。ワタシは全くストイックではないのだけど、自分で自分の心をを保っていくと
いうことをきっと人の倍くらいしなければいけなくて
それが生きて行く上で大きな課題だと思っています。
新しい生活の中でそれが少し見えたような感触がありました。
そんな中で制作できたことが本当に良かったなと。。。
ビックリするくらいそれが文字に現れたのを自分で感じて
「あ~ワタシこんな文字書けたんだなぁ」って制作中に涙が溢れることもありました。

無意識のうちに造形みたいなものの計算はしているとは思うのだけど
なるべく無駄な線が出ないようなそぎ落としみたいなことができたかなと。
言葉の持つ力を人の心に伝えるためには、技術で書くのではなく心で書くと言うこと。

技術的なことで言えば、ワタシより上の人はどれだけでもいると思います。
でもワタシにしか書けない文字があるのかもしれないなって言うことを
今回感じることができました。それはワタシ自身からしか出てこないものと言うことです。
そのためには、ワタシはワタシであることをこれからも頑張って続けなければ
(たまにイヤになることあります^^;)
こんなこと気付かせてもらえるってやっぱり展示を続けてるから分かることで
こんな大きなことを気付かせてくださった小峰さんに心から感謝したい。

そしてご一緒した新田さんがホントに真っ直ぐで可愛くて、癒しの泉みたいな方で
この数カ月の電話やメールでのやり取りを含めて本当に気持ちが和らぎました。
もともとよっちゃんの作品のファンなのですが、美しくて繊細で可愛く見える作品は
恐ろしく変態的な工程を踏んでいて(変態とは有り得ないくらい大変ってことです^^;)
よっちゃんの強さを身近で感じることもできました。

3連休には彗星菓子手製所さんのワタシ達をイメージした和菓子カフェも開催。
5月5日の打ち合わせの日に小峰さんが「絶対あなたたちの作品に合うから」
とご紹介してくださったのです。ようさんの作る和菓子は単なる美味しい和菓子ではなく
計算された美しさと想像力から生まれる和菓子です。
目からウロコな3日間でした(3日間違ったものを提供下さいました)

すっかり仲良し3人組になってしまったワタシ達です^^;
小峰さんへの想いでひとつになった本当に充実の5日間でした。
姿形はなくても、こういうふうに制作意欲を突き動かしてくれる小峰さんは
やっぱりすごい方だったんだとあらためて思いました。
小峰さんと関わったたくさんの作り手の心には小峰さんが生きています。

足を運んで下さった皆様、気にかけて下さった皆様
よっちゃん、ようさん、健太郎さん(小峰さんの息子さん)
搬入・搬出を手伝ってくれたり毎日のようにみずのそらで夕飯を作ってくれた友人の皆様
本当にありがとうございました。

小峰さ~~~~ん、きっと観に来てくれたよね^^感想聞きたいです^^
心からありがとうございました!
d0114224_19304114.jpg

d0114224_19312890.jpg
d0114224_19322194.jpg
d0114224_19395122.jpg
d0114224_19332882.jpg

d0114224_19414762.jpg

d0114224_1943245.jpg


※写真はワタシの教室の生徒さんである中川るり子さんに撮影していただきました。
[PR]
by kaki-tagari | 2015-07-30 19:52 | 展示 | Comments(0)
二人展「淡墨色の領域」
d0114224_19122619.jpg

ずっとこの場所で展示をすることに憧れていました。
西荻窪のギャラリーみずのそらで
ガラスの新田佳子さんとの2人展を開催いたします。

今回の作品はすべてモノトーンで統一しました。
新田さんのガラスもとても素敵ですし
彗星菓子手製所さんが私達の作品をイメージした
和菓子を作ってくださいます。
ワークショップもいたします。

私も新しいものをお見せできると思いますので
お運びいただけると嬉しいです。

制作の想いなど、また近くなったら書きたいと思います。


新田佳子(ガラス)・国分佳代(書)
「淡墨色の領域」(うすずみいろのりょういき)

西荻窪・ギャラリー みずのそら
東京都杉並区西荻北5-25-2
7月17日(金)~21日(火)
12:00~19:00

●18日(土)19日(日)20日(祝)
彗星菓子手製所さんの和菓子が召し上がれます

●国分佳代筆文字ワークショップ
「夏のことばを葉書にしたためる」
7月20日(祝)12:30~14:00
7月21日(火)14:00~15:30
参加費 3500円

お申し込みはギャラリーまでお願いします
gallery@mizunosora.com
03-3390-7590
[PR]
by kaki-tagari | 2015-06-24 19:15 | 展示 | Comments(0)
5人展「Travelling Sheep」season,2
「Travelling Sheep」season,2
1月17日(土)~1月31日(土)
茅ヶ崎 okeba garelly&shop
在廊日:1月17日(土)

12月1日から箱根のnaraya cafeさんで開催しておりました
5人展「Travelling Sheep」が本日で終了し
今週末から茅ケ崎のokeba garelly&shopさんに巡回します^^

それぞれに作品を少し追加してお待ちしております~☆

フェルトの今野恵ちゃん・革の竹沢むつみちゃん
陶の松塚裕子ちゃん・柿渋の横山正美ちゃんとの5人展です。

d0114224_16562869.jpg

[PR]
by kaki-tagari | 2015-01-12 16:57 | 展示 | Comments(0)
2つのグループ展に参加します
来月2つのグループ展に参加します。
d0114224_17283072.jpg

「Travelling Sheep」12月2日(火)~1月12日(月)
箱根・NARAYA CAFE
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404-13
0460-82-1259
HP→

在廊日:12月2日

フェルトの今野恵ちゃん・革の竹沢むつみちゃん
陶の松塚裕子ちゃん・柿渋の横山正美ちゃんとの5人展です。
1年前から楽しみにしていた展示です^^





d0114224_17285579.jpg

「ヒツジのごあいさつ」12月7日(日)~12月21日(日)
大森・Gallery FIRST LIGHT
大田区大森北-14-4
03-5753-7331
HP→

4月に2人展をさせていただいたファーストライトさんの
グループ展です。
干支パネルとカレンダー出します^^

絶賛制作中です^^
[PR]
by kaki-tagari | 2014-11-27 17:34 | 展示 | Comments(0)